6日目<9>:夕食(中華)「テンシン(Tianjin、天津)」/タシュケント(Toshkent)、2016年4月17日(日)


写真をクリックすると写真は大きくなります。

★夕食(中華)

高速鉄道「アフラシャブ号」で2時間20分、サマルカンドからタシュケントに着き、19:33、バスに乗って、夕食のレストランに行った。

19:43、レストランについた。店の表に明かりがない。店名は暗くてわからない。

とにかく席に着く。日本での中華料理と同じで、回る円卓に料理が並んでいた。ごはんも小さな器に盛ってあった。
160417_4399 160417_4400 160417_4401 160417_4403 160417_4405 160417_4411

【評価】このレストランの自分の評価は5点満点中4点。久しぶりの中華料理で、おいしかった。

後述するが、レストラン名は分かった。[トリップアドバイザー]では、タシュケントの中華レストランが4軒リストされているが、そこにリストされていない(タシュケントで一番人気の中華 [トリップアドバイザー])。

20:40、レストランを退出し、今夜のホテルに向かうバスに乗る。

その前に、レストランの入口を撮る。160418_4412

160418_4413

160418_4414

160418_4415

店の外からは店名がわからない。店内に入ってマネージャーのビジネスカードをもらった。マネージャーは中国人のようです。
160417-3レストラン名は「テンシン(Tianjin、天津)」だった。

明るいときに来れば、入口はこうだ(写真出典:Trade and Business | China in Central Asia)。
IMG_7543[1]