ランダム記事

Pocket

4日目<2>:イスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)/世界遺産・ブハラ(Bukhara)、2016年4月15日(金)

写真をクリックすると写真は大きくなります。 ーーーー ★今日の天気 快晴。気温は17℃―31℃。日中は暑い。 ★今日の移動(バス)と地図 右がホテル。左がイスマイール・サマニ廟。走行ルートは3通りのどれか ★イスマイール・サマニ廟(びょう)(Ismail Samani Mausoleum) 本日の観光予定の最後のイスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)を最初に訪れた。 160415_3158 160415_3159 08:34にホテル前からバスに乗り、08:45、イスマイール・サマニ廟に到着。移動は11分。 イスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)は、 ウズベキスタン・ブハラにある中央アジア最古のイスラーム建築である。ここに、9世紀末に中央アジアに成立したサーマーン朝の王族が眠っている。サーマーン朝の名君イスマーイール・サーマーニーの名前が付けられているが、名前が示す通りイスマーイールの廟であるかは不明である。 13世紀のモンゴル帝国の襲来の際に廟は砂の中に埋もれており、モンゴル軍による破壊を免れた。1926年に考古学者のビャトキンによって発掘される(出典:イスマーイール・サーマーニー廟 - Wikipedia 現地ガイドの説明を聞く 160415_6531 160415_6533 標識の最下部のマークが、世界遺産のマーク。 160415_3162 現地ガイドが、カメラチップとして、写真を撮る人から1人、3,000スム(約120円)を集金した。現地ガイドは全員分の領収証をまとめてもらうと言っていたが、見せてくれない。 白人観光客が係員(下の写真の左から2人目)にレシートをもらっていたので、個人的に要求した、くれた。 160415_6535 レシートの金額、年月日、係員名は手書きだが、通し番号が振ってあった。 160415 カメラチップ領収書 建物の周囲を3回、半時計周りに回ると、願い事が1つかなうとのこと。3回回って、「今回の旅行では、元気に過ごせますように」とお願いした。 160415_6544 建物の中に入る。レンガの組み合わせパターンが独特である。 160415_6537 160415_6538 160415_6539 このお嬢さん、観光客のようだが、なんで隠れているの? 160415_6540 空気が通る。光線も通る。 160415_6543 160415_6542 ここで、写真を撮るのに時間がかかった。現地ガイドは、この建物のわきに09:20に集合と言った。その5分前に来たのだが、誰もいない。 それで。バスに向かったが、バスについたときは私が最後だったようだ。スミマセン、遅れて。しかし、私には伝えられなかったが、現地ガイドが待ち合わせ場所を変えたようだ。こういう、現地ガイドのいい加減な指示が何度もあった。それで、明日だったか、1人行方不明になった。アブナイ、アブナイ。